Error, group does not exist! Check your syntax! (ID: 1)


1 短縮URLを使うメリット

短縮URLには、下に示すようなメリットがあります。

(1) アフィリエイト・リンクだとわかると、クリック率がさがってしまう。

(2) URLが長いとリンク切れを起こすことがある。

(3) ASPへのリンクは、検索エンジンが嫌う傾向があるため、
短縮URLにすることでSEOに強くなる。



(1) アフィリエイト・リンクだとわかると、クリック率がさがってしまう。
人はアフィリエイト・リンクを嫌う傾向にあり、
実際に短縮URLを使った方クリック率が数倍に上がるという統計が
出ています。
また、先程の例の上側のURLのように、長く、
そして数字や記号が並んでいるURLはクリックされにくいという統計も出ています。


(2) URLが長いとリンク切れを起こすことがある。
長いURLは、1行で表示できず、読者の使用するメーラーによっては、
2行以上になってしまうURLの場合、リンクが切れる場合があります
■URLが2行になりリンクが切れている例
BadCaseOfLongURL
上図のように、2行目のリンクが切れていると、
クリックしても正しいURLに飛ぶことが出来ません。


2 無料で使える短縮URLサービス

下表に、無料で使える短縮URLをまとめました。
URLを短縮させるだけなら、これらの短縮URLサービスで充分です。
UrlShortenService


3 無料で使える短縮URLサービスの落とし穴

2 で示した無料の短縮URLサービスには、下に示すリスクがあります。
高確率で起こり得、致命的な落とし穴となります。
このことに充分留意のうえ、ご利用いただきたいと思います。

(1) 短縮URLサービスが、突然終了になる事がよくある。
 
(2) ある日突然、短縮URLにクッション・ページが入るようになって
しまう事がある。
 
(3) 利用者の多い短縮URLサービスだと、不具合が出たり、
リンクを削除される事がある。
 
(4) “TinyURL”などの有名な短縮URLサービスだと
URLを見ただけでアフィリエイト・リンクだとわかってしまう。

やはり、短縮URLは、自前サーバーを立てた上での利用の方がより良いのかもしれません。




短縮URLについては、追加記事があります。
併せてこちらの記事もお読みいたただけたらと思います。
http://dotiga.jp/web-platform/2016/05/japanese-url-shorten-service/
Error, group does not exist! Check your syntax! (ID: 3)