ウェブサイトやメルマガ用の文章作成に便利なウェブサービス

ブログやメルマガなどの文章作成に役立つ
ウェブサービスを整理してみました。
ビジネス文からブログに投稿する記事まで、
文章の作成にあたっては
セカンドオピニオンの視点による
チェックは重要です。
もっとも、
ひとりで作業をしている場合などは、
誰かの手を借りてチェックしてもらうことはできません。
せいぜい間を置いて
自分でもう一度チェックするくらいしかありませんが、
思い込みによる誤字脱字や用法の誤りを見つけるのは、
この方法ではまず不可能でしょう。
こうした場合、
オンラインで文章をチェックできるサービスなら、
単純な誤字脱字といった類から、
固有名詞の間違いや冗長表現に至るまで、
さまざまチェックを客観的に行えます。


◆ ワンクリックで日本語テキストの校正が行える

「日本語校正サポート」
⇒ http://www.kiji-check.com/
「日本語校正サポート」は、
オンラインで日本語テキストの校正が行えるツールです。
Yahoo! JAPANのテキスト解析Web APIを用いており、
テキストデータを貼り付けてワンクリックするだけで、
誤字や誤変換、言葉の誤用、固有名詞の間違いのほか、
仮名表記が望ましい当て字や常用漢字表外の漢字、
さらには二重否定や冗長表現に至るまで、
さまざまな問題点をチェックしてくれます。
同種サービスに比べてチェック項目は多岐にわたり、
精度も高いです。
日本語の文章構成をサポート


◆ テキストに含まれる条件外の漢字を一括チェックできる

※ 2016/02/19確認: このサイトは、廃止されたようです。
「総合漢字チェッカー」
⇒ http://attosoft.info/tools/kanji-checker/
「総合漢字チェッカー」は、
テキストに含まれる常用漢字や教育漢字などを
まとめてチェックできるツールです。
小学校の指定した学年(1~6年)では
読めない漢字をチェックしたり、
常用漢字やJISの指定水準に含まれない漢字を
すばやく見つけられるほか、
日本漢字能力検定や日本語能力試験(JLPT)の各級に
対応した漢字をチェックできる機能も備えています。
またこれらのチェック時に、
文字数や漢字数、漢字使用率も
まとめてチェックする機能もあります。
総合漢字チェッカー


◆ 2つの文章の相違点を文字単位で比較できる「difff」

⇒ http://difff.jp/
「difff(デュフフ)」は、
オンラインで利用できるテキスト比較ツールです。
同種サービスの多くが
コンピュータープログラムの比較を
前提に作られているのに対し、
本サービスは2つのテキストを比較し、
相違点を文字単位で表示してくれるため、
バージョンの異なるテキストでどこが
改変されているかを把握するのに向いています。
また比較結果をオンラインで公開する機能も備えており、
掲示板やSNSなどを通じて
他のユーザーに結果を見せたい場合に重宝します。
difff


◆ 文字数をリアルタイムでカウントできる「numMoji」

⇒ http://www.nummoji.kenjisugimoto.com/
「numMoji(なんもじ)」は、
入力した日本語テキストの文字数を
リアルタイムでカウントしてくれるツールです。
半角英数字やスペースのカウント方法も指定できるほか、
選択部分だけをカウントすることも可能。
定められた文字数で文章を書く際に重宝します。
numMoji


◆ ワンクリックでExcelをHTMLのテーブルに変換「TABLEIZER!」

⇒ http://tableizer.journalistopia.com/
「TABLEIZER!」は、
Excelの表を貼り付けるだけで、
ワンクリックでHTMLのテーブルに変換してくれるツールです。
フォントサイズ、ヘッダ部分のカラーを指定できるほか、
スタイルシートを使わないよう指定することもでき、
手持ちの表を手軽にウェブに貼り付けたい場合に
とっても便利です。
TABLEIZER!


◆ 文体診断ロゴーン

⇒ http://logoon.org/
文体診断ロゴーンは、文章を解析して、
その文体の特徴を診断します。
名文の中から類似の文体を探し出し、
次の観点から文章の表現力や読みやすさを評価してくれます。

文章の読みやすさ
文章の硬さ
文章の表現力
文章の個性

文体診断ロゴーン